環境と値段が魅力 かみくの桃源郷

島根県雲南市にある、かみくの桃源郷。


自然豊かな環境とお値段設定が魅力的でおススメですなキャンプ場です♪



格安でキャンプできる宿泊施設


コテージ


コテージは、全4棟あり、1棟5,400円で借りることができます。


布団を利用する場合、布団は既に置いてあるので、シーツと掛け布団カバーを借りる形式になります。1組430円となりますが、それを含めてすら格安です。子供の場合大人と一緒に寝ればよいのでなお安くなります。

布団に誰かが付けた血がついていたりときれいではありませんが、シーツをかけるので特に気にはなりません。梅雨の時期は分かりませんが、別にじめっとした感じもないので良いのではないでしょうか。

シェラフをお持ちの方は持参すると、かなりお得に泊まれると思います。


ロフトに布団をひくのですが、当然子供はうれしそうです。大人は頭を必ず打つので気をつけないといけません、気を付けても打つこと必至です。

ちなみに、コテージはエアコン完備なので、春先の寒い時期でも暖かく、夏の暑い時期でも涼しく過ごせます。


あと、あらゆる調理器具は完備されているので(なんと炊飯器まで)、基本的に食材以外手ぶらでOKなコテージです。


車もコテージのすぐそこまで持っていけるので、これも便利です。

コテージの裏は川が広がっています 。割と桃源郷です。



帰りは元あった通りにして帰ります。布団をたたんで、掃除機をきっちりかけて帰ります。


キャンプサイト


1張540円で借りられるので格安です。車をキャンプサイトの隣に持っていけます。水道もすぐ近くにあるので便利です。

コテージとキャンプサイト両方借りても格安なので、開いていればそういう使い方もイイと思います。予約カレンダーを見ると分かりますが、6月以前でしたら、基本的にお客さんが少ないので貸し切り状態です。

予約状況は以下URLよりどうぞ。
コテージ空室照会 | かみくの桃源郷


素晴らしいバーベキュー施設


良い点

格安で使える

トング、網、炭が格安で使えます。値段は炭の重さで決まります。3Kgの炭で場所代も含めて3人使用料も込みで700円と格安でした・・・安い。

ケチろうと思って炭を買っていく方が髙くなるかもしれません。

着火らくらくハイテク設備

バーベキューで炭に火をつけるのは醍醐味の1つですが、実に大変な作業です。

備中炭などになるとなおさら着火しにくいです。簡単に着火できる着火剤や着火しやすい炭、さらには空気が効率的に隅に送られる構造の着火装置など様々あります。

しかし、かみくの桃源郷にあるバーベキュー施設ではそんなものはなくても大丈夫なのです。コンロにスプリンクラーのような感じで空気を送る配管が設置されているのです。


そのため、種火がちょっとでもあれば、あっという間に火おこしができてしまうので、手間はほとんどかからずにサクッとバーベキューを開始できます。

近くにツリーハウスがあるので子供が飽きたら楽しめます。

スーパーが近い

かみくの桃源郷に行く途中で食材が調達できる立地が便利です。松江道木次ICを降りるとすぐ、グッディー木次店があるのでそこで食材を調達できます。

とても接客のよく、売り場の案内も丁寧、レジの対応も丁寧、かごをわざわざカウンターに運んでくれる親切対応の素敵なお店です。近所にもできればなと思うぐらいのお店です。


悪い点

網がきれいでない

かみくの桃源郷は全体的に安く利用できますが、その分施設利用者が自分たちで手入れ、掃除しないといけません

バーベキューの網も借りれますが、網は自分達で金たわしできれいにして返さないといけません。ということは、前の利用者が適当に洗った網だと結構汚いわけです。そんな金網なのですぐにダメになります。


私は結構きれいに仕上げたので、次の方には気持ちよく使っていただけたかと思います。気になる方はあらかじめ網だけ持参するのがオススメです

風が吹き抜ける立地

時期にもよると思いますが、風が抜ける位置にバーベキュー施設があります。壁もないので、風を遮るものが何もありません。

紙コップや紙皿など結構飛んでいくので要注意です。何度となく飛ばされていきました。


その他注意点


かみくの桃源郷へ向かう最後の道は多少狭くなっています。

別に「これは無理・・・」というようなものではありませんが、多少の罠があります。

道に沿って溝が流れているのですが、草があると同化して見えにくいですし、雪でも降ろうものなら確実に見えません。うっかりの寄りすぎていると残念なことになりそうです。

ちなみに、私も帰る時まで溝の存在に気づきませんでした・・・。もし行きがけに歩行者とすれ違うようなことがあり、寄っていたら落ちていたかもしれません・・・、コワイ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
スポンサーリンク