アウトドア派な私が気になるアイテム

週刊安物買いの銭失いブログへようこそ。

更新頻度が少なすぎてクレームが出たので更新します。




昨年は年間2日ほど海水浴などに行けたので、自分としては割とアウトドア派だと思っていましたが、どうもまだまだ足りないようです。


今年はもっとアウトドアになろうと先日同僚におススメのキャンプサイトを聞きいたので、先週末に予約しました。

しかし、予報ではあいにくの雨、さらにタイミングよく週明けに、現地付近で地震まで発生したので、何者かが私のアウトドア計画を阻止しているようです。何か見えざる手に阻害されている気がします。

・・・

てか、これは神のレベルの阻害ですね。

・・・

それはさておき、そんな私が気になっている、アウトドアピープルになるためのアイテムがいくつかあります。


アウトドア派に必須の背の高い車


やはり、キャンプサイトに行くのにセダンは似合いません。それにうちのクラウンハイブリットはゴルフバック2つしか乗らないありえない仕様、トランクのほとんどを数百キロのパナソニック製のバッテリーが寝転がっています。

テントやら焚火台やら乗せるとなるとそれなりのトランクの車で、さらにオフロードもスイスイ走れる背の高い車が必要です。

そんな私が気になるのは、トヨタハイラックス!アジアではよく見る車ですが、日本では久しぶりに登場のようです。

2.4リットルディーゼルエンジンの4WDで、110kW[150PS]/3,400r.p.m.、400N・m[40.8kgf・m]/1,600~2,000r.p.m.のなかなかの車です。

荷台は大量の荷物が載るのに、5人乗りというのが素晴らしい。見た目は結構いい感じにかっこよいです。

ただ、横幅は185センチ、全長5メートル30センチを超えるありえない規格。駐車場も余裕ではみ出す勢いです。

そして、お値段は、最安のモデルXで税込み3,267,000円。割とお得かなと思いきや、トヨタでよくあるオプションは別プランという形式です。

モデルXは最安モデルだけあって、さすがの一言!

「非常用タイヤか!」と思えるスチールホイール。軽でもLEDランプの時代にまさかのハロゲンランプ。エアコンもマニュアル、懐かしいがちゃがちゃ回すタイプです。当然ナビなし!

私の目指すワイルドなアウトドアピープルは、きっと内装なんてどうでもよくなる気がするんです。ナビがなくて迷っても、究極に狭い道に迷い込んでも何とかなる気がします。


キャンプ用品


うちにはポップアップテントと椅子が2脚しかありません。まだまだアウトドア派とは呼べません。

とりあえず、テントで寝れるようにシェラフ人数分が必要です。毎回毛布と枕を大量に持っていくのは大変です。周りから「枕投げでもするのか?」と思われそうです。

シェラフをゲットしたら、次は固い地面に寝るという罰ゲームが待っています。これを逃れるには下にひくふわふわシートが必要です。安くするために、百均の衝撃緩衝材プチプチをひいてもいいですが、夜中に隣のテントから

「ぷちっ!・・・プチ・・・ぷちぷちぷちぷぷぷち!」

とか音がすると、ものすごく怪しいので避けなければなりません。

そういえばシェラフも冬用だと夏が暑いので、夏冬の2タイプ必要です。出費がやばいですね。

あと、冬は寒いので焚火をしないといけません。直火禁止の芝コートを考えると焚火台が必要です。寒いと温かい飲み物や食べ物がいるので様々なサイズのクッカーがいりますね。クッカーも直火にかけると真っ黒になるので、そうなるとガスストーブが必要そうです。

・・・

これだけ買うと数十万円!

とりあえず、いきなり、外見だけきらきらアウトドアパーソンになっても中身が釣り合わないので、身近な人でキャンプやめる人からじわじわ買い取ってやろうと思います。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
スポンサーリンク