かんたん!おいしく!洗い物もなし! 魔法のフードプロセッサ バーミックス

バーミックス買いました。

実際使ってみて感じた使い勝手などを書いてみようと思います。





バーミックスとは


さて、バーミックスとはどのようなものか。

1954年スイス生まれのバーミックスは、ハンディフードプロセッサーの元祖。
引用: BAMIX バーミックス :チェリーテラスの商品紹介

そう、フードプロセッサなのです。

つぶす、混ぜる、泡立てる、砕くなど多機能なバーミックス。 キッチンに1台あれば、ブレンダー、ミキサー、ジューサー、すり鉢、コーヒーミルなど、さまざまな役割をこす働き者です。
引用: BAMIX バーミックス :チェリーテラスの商品紹介

これ一台あれば何でもござれなのです。

片手で持って指先でボタンをオンオフするだけ、操作は簡単です。手になじむ持ちやすさで、まるで自分の手の延長のような使い心地です。
引用: BAMIX バーミックス :チェリーテラスの商品紹介

ミキサーとの大きな違いはココなのです!



バーミックスのパッケージの種類と比較




最小構成の「スマート」


バーミックスの本体と立てかけるスタンドだけのシンプルな構成です。特殊なことをしない場合はこれだけで十分です。



価格25,000円です。


標準構成の「ベーシック」


バーミックス本体と立てかけるスタンド以外にスーパーグラインダーとパウダーディスクが付属されます。スーパーグラインダーは主にみじん切りが超高速でできます。


パウダーディスクは主に固形物の粉砕が超高速でできます。煮干しや昆布など粉砕して粉ダシにできます。

「みじん切りなんて包丁でできるわ」「洗い物増えてめんどくさいわ」という人は無くてもいいかと思います。

あとみじん切りはどちらかというとつぶされるニュアンスのみじん切りで若干汁っぽくなるのが難点です。

価格30,000円です。

割と便利なのでスマートセットに比べると5,000円高くなりますが、つけておいて損はないかなと思います。


最大構成の「コンプリート」


バーミックス本体と立てかけるベーシックセットにスライシー+ディスク2,4がついてきます。あらゆることができるセットなので使いこなせば、包丁スキルがなくても料理の達人に近づけます。

価格38,000円です。

スライシーは使いこなすと、簡単に料理の幅が恐ろしいほど広がるので今後料理をばりばりやりたい人にはあった方がいいかと思います。ただ、ベーシックセットにプラス8,000円なので割とします。

今後の料理の計画と相談して、8,000円の元が取れるか検討する必要があります。コンプリートセットを持っている人の話では、一度も使わずほこりをかぶっているということです・・・。



バーミックスの使い方 さっと使えて、さっと洗える


バーミックスの便利な点は回転部分がコンパクトなので、容器の大きさを問わないところです。
鍋はもちろん、コップのように口の狭いものでもそのまま差し込んで使えます。

水位が低い少量のものは使用できないぐらいですが、口の狭い容器に入れて水位を高くすれば問題なく使用できると思います。何よりそのようなケースはほとんどないかと思います。

そして何よりも良いのは、バーミックスは洗うのがとても簡単ということです。流しに置いてある器かボールに水を入れて、バーミックスのスイッチオンするだけで、付着した汚れが落ちます。

最後水を注いで、スタンドに立てかけるだけです!



洗って片付けるのが面倒だと使わなくなってしまいます。料理の幅が広がる便利な道具を、手入れが面倒というだけで使わないのはもったいないです。



バーミックスの力はいかほどか


にんじんをみじん切りにできるというスーパーグラインダーを使ってみました。


半月に切って投入します。どれくらいみじん切りになるのやら。




結構均等にみじん切り状態となりました。30秒ぐらいでしょうか、超高速です。

液体物はどうでしょうか。

私が良く作るかぼちゃ・玉ねぎ・キャベツ・ニンジンのスープで検証してみました。通常のミキサーと比べるとどれほどの差が出るのでしょうか。

材料をコンソメを入れた水でぐつぐつ煮、煮えたものを汁と一緒にミキサーにかけるだけの簡単メニューです。








ミキサーを使った場合


面倒なのは鍋からミキサーにアツアツの汁を入れないといけない作業です、こぼれると大惨事となります。

またミキサーをかけたものを移す鍋が必要となります。鍋2つ、ミキサー1つが必要となり洗い物が増えてしまいます。特にミキサーは洗うのが大変面倒なのでできるだけ使いたくないものです。

何よりもミキサーの場合は仕上がりになめらかさがありません。使ったことはありませんが、数万円程度の高いミキサーを使用するとなめらかになると思いますが、うちにある通常価格のミキサーではなめらかな口当たりとは程遠く、つぶつぶが気になります。


バーミックスを使った場合


基本的に煮るのに使用した鍋以外必要ありません。

回転部分が水面から上に行かなければ飛び散ることがないのでやけどの危険はほぼありません。
先っぽには刃が直接当たらないように保護するでっぱりがあるので、鍋底にほぼ密着させる感じで放置です。

1分も混ぜると固形物が一切なくなったなめらかなスープが出来上がります。さらにもう1分ほどするとよりなめらかになる気がします。仮にかぼちゃの皮つきで煮たとしても皮も粉々のつぶ上になってしまいます。


実に滑らかな舌触りになりました。牛乳を加えてクリーミーにします。



実に滑らかな仕上がりで、今までの飲みにくく、おいしくないと感じてしまうスープとは格段に違います!

バーミックスは料理の質も大幅に改善する優れものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
スポンサーリンク