男の簡単料理!愛情を込めればホテルクラスになる、オニオングラタンスープ

男の簡単料理のススメ



オニオングラタンスープ


イクメンたるもの料理もできてこそ本物のイクメンです(笑)



週末たまには男の簡単料理を作ってみてはいかがでしょうか。




割と簡単でないと定評がある「男の簡単料理」シリーズですが・・・



今日は「男の簡単料理!愛情を込めればホテルクラスになる、オニオングラタンスープ」の調理方法をご紹介。



オニオングラタンスープは、手数は少ないので簡単ですが、どれだけ忍耐強く時間をかけるかで出来栄えが大幅に変わる料理です。



男の簡単料理!愛情を込めればホテルクラスになる、オニオングラタンスープ の材料


  • たまねぎ中 3個
  • 水 600cc
  • コンソメ キューブ2個
  • 有塩バター20g ※マーガリンでもよし
  • コショウ
  • とろけるチーズ or ピザ用チーズ
  • フライパン


玉ねぎの処理をします。



玉ねぎを大量にGETしました。どうやって使うか悩んでいたところ、昔作って大幅に失敗した料理がありました。



オニオングラタンスープというオシャレな料理です。通常オニオングラタンスープに使用する玉ねぎは、1/2か1個でかなり少ないです。



やはり、透き通ったオニオンスープが肝となる料理だからかと思います。



しかし、子供には野菜を大量に摂取してほしいということで、玉ねぎ大幅増量!玉ねぎ中を3つドドンッ!と投入します。



まずは、玉ねぎを切ります。玉ねぎは半分に切り、先を上に、根を下にして横に寝かして、3mm~5mmぐらいで切っておくと火の通りが早く、オニオンスープで泳ぐ姿がきれいです。



次に、フライパンにバターを熱して、玉ねぎを投入します。できれば、事前に5分ほど電子レンジでチンッしておくとなお早いです。



先ほど申しましたように、オニオングラタンスープの肝は玉ねぎです。どれだけ玉ねぎを炒めることができるかで、成功かが決まります。



弱火で焦げないようにしっかり炒めるわけですが、目標は茶色です。キツネ色でもよいですが、できればタヌキ色まで行ってください。30分を超える時間がかかりますが根気強く炒め続けてください。



あなたの家族への愛情がどの程度か分かります。ちなみに私はキツネ色で根負けしました(え?)



煽っておいてあれですが、キツネ色でもかなりおいしいです。少しスープの濁りはキツイですが、かなり甘みが出て最高です。



ちなみに、透明を過ぎた褐色あたりでやめると全然だめです、玉ねぎの悪い部分が前面に出て、肝心の甘みが弱いです。さらに若干気持ち悪い味になります。ここは根気よくキツネ色(分からない人はGoogle検索でキツネを画像検索してください)まで行ってください。



コンソメスープを合わせます



玉ねぎがイイ感じになったら火を止めて、水とコンソメキューブを加えます。コンソメが止めるまで煮ます。



有塩バターやマーガリンを使った場合はそれなりの塩加減になっているので味の調整はコショウだけでよいかと思います。足りなければ塩を少しづつ足してください。

オニオングラタンスープ


うちのは少し炒めが弱いので見事な濁りです。日本酒で言えばどぶろくですね。



このままだと、ただのオニオンスープなので上にチーズをのせます。本来はここでオーブンに投入 or バーナーであぶるですが、そんな手間なことはできませんので、これで完成です。

オニオングラタンスープ


時間がたつといい感じにとろけてくるので、おいしくいただけます。



大人2人、子供2人だと、600ccでは全然足りません。お代わりされること必至なので、2倍量で作ることをおススメします。



ぜひ作ってみてください!「簡単料理なのにぜんぜん簡単じゃない」というツッコミは既に受けたので、突っ込まないでください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
スポンサーリンク