ちょっとお高い おりづるワター いかに元を取って楽しむか考える

最近、広島におりづるタワーというものができました。

おりづるタワー


原爆ドームの隣に位置しているので、折り鶴タワーに上ることで、上から原爆ドームを眺めることができます。





少し前までは、原爆ドームを上から眺めることはできなかったので、 今までにはない、新しい視点で原爆ドームを見ることができるようになりました。



広島を訪れる外国の方にとって、おりづるワターは新たな観光名所となること必至ですが、日本人には今一つという気がします。



実は、おりづるワターの入場料が結構高いのです・・・(;´・ω・)



おりづるタワー



まずは、おりづるタワーの場所ですが、原爆ドームの隣です。広島のほぼ繁華街周辺に位置するので、アクセスの良さは抜群です。



抜群の立地であるため、おりづるタワーにはオフィスが多く入っています。



おりづるタワー 基本情報
営業時間10:00~19:00
住所〒730-0051 広島県広島市中区大手町一丁目2番1号
電話番号082-569-6803
アクセス広島駅から 広島電鉄(宮島線・江波線)に乗車。「原爆ドーム前駅」下車、徒歩すぐ


おりづるタワー 一般入場料金
大人1,700円
中・高生900円
小学生700円
幼児(4歳以上)500円
おりづる投入料金+500円(別途購入時は+600円)


おりづるタワー 外国人入場料金(おりづる投入料金込み)
大人1,100円
中・高生700円
小学生1,200円
幼児(4歳以上)600円


大人1700円というのはなかなかの金額です。一般的な相場では半額の800円ぐらいかなと感じます。



ちなみに、鶴を折って、おりづるの壁に落とすという作業をするには、500円プラスする必要があります。それなりにします。



コンテンツの量に対して、料金がやや高めに設定されている感じです。コンテンツの量からすると、やはり半額の850円ぐらいが妥当な気もします。



おりづるタワーの楽しみ方



1700円-850円の差額850円をどう楽しむか。



せっかく登るのだから、1700円分楽しみたいものです。何なら2000円分楽しみたいものです。

原爆ドームの写真を撮りまくる



おりづるタワーの最大の魅力は、原爆ドームの隣に位置するということです。これを満喫することで、他にはない満足度を味わいます。

おりづるタワーから見下ろす原爆ドーム


こんな感じの景色が楽しめます。さえぎるものは何もありません!原爆ドームの写真を撮り放題です。



川も上から見下ろすことができるので、川を上手に活用すると素敵な写真になりそうです。



晴れた日には、かなり遠くまで見通すことができます。



これが夜になるとどうでしょうか?夜景が楽しめますね♪



写真が好きな人は夜まで待って、シャッタースピードを遅めにすると、車のライトが素敵になるのではないでしょうか。

原爆ドームから見下ろすおりづるタワー


ユニークなアトラクションを楽しむ



上の階まで上がるとおりづる広場、おりづるの壁に到着します。ここでは、子供たちが大喜びするアトラクションが登場します。



最先端の技術で体を使って楽しめます。大人でも面白いので、子供の邪魔をしないようにね♪



色に反応しておりづるが集まってくる装置、アバターavatar。動くとついてくるような感覚なので面白いです。



画面に映った折り紙を、体の動きを使って折りあげる装置、エアーair。指定された場所に手をもっていくと反応して折り鶴が折られます。



木のブロックを台に置くと、前の画面に花火があがります。どういう判定でどういう花火があがるか分かりませんでした。子供もよく分からないのか、すぐにどこかに行ってしまいました(笑)



あと、おりづるの壁では鶴を折って落とせます。おりづるがどんどんたまっていきます。いつかいっぱいになるのが楽しみですね。



ちなみに、おりづるを落とすと外からもイルミネーションで見えたかと思うので、外からも楽しめますね。

おりづるタワー


散歩を楽しむ



上に登るのに、スパイラル状のスロープがあります、散歩坂というそうです。



登ってくる過程で、平和をテーマにした、人気漫画家の絵が飾ってあります。1枚1枚じっくり見て、登っていくのもいいかと思います。



わりと胸に迫る作品が多いので、何か考えさせられる坂道です。運動にももってこいです。

おりづるタワー 散歩坂
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
スポンサーリンク