200系クラウンハイブリッドオーナーから見て、210系後期クラウンハイブリッドは買いか?

2016年8月にマイナーチェンジを行った210系現行クラウン。



トヨタ自動車WEBサイトより画像引用、加工
トヨタ自動車WEBサイト




価格的には、210系クラウンアスリートハイブリッドGについては、5,430,000→5,848,200になり、値上がりはなんと 418,200円 のアップ、内容的にも削り落とした装備が復活したイメージです。

210系クラウン前期型については発売時には多くの情報が出ていましたが、最近ではモデルチェンジの情報が今一つ集まりません・・・。

210系クラウン後期型の情報があまりないのでまとめてみます。


REBORNした210系クラウン前期型


V4 2.5Lダウンサイジングエンジン


一番の話題となったのは、直4 2.5Lへのダウンサイジングではなかったでしょうか。大排気量で加速が素晴らしい車が高級という、今までの方向性とは反対のものでした。

海外メーカーではすでにダウンサイジングの流れはあったので、「ダウンサイジングされるクルマ多いよ」と聞いても、そこまでのインパクトはありませんでしたが、日本固有のクラウンにまで影響が及んだのは大きいものがありました。


削られた高級車ならではの装備の数々


エンジンのダウンサイジングとともに話題になったのが、200系クラウンまでは標準であった様々な高級車ならではの装備が、210系クラウンでなくなったことでした。

最上級モデル「210系クラウンV6 3.5LアスリートG」にはいくつか残りましたが、それ以外にはオプションですらつかないものがありました。

注目すべきはエントリーグレードは、ナビなし、オーディオなし、マニュアルシートという、「え?最近の軽より装備悪いよね」というものでした。

高級路線から大きく引いた印象が強かったです。



REBORN


「いつかはクラウン」という有名無実とかした伝統を、良い意味でも悪い意味でも枠を壊し、値段を下げることで大衆車の仲間入りを果たしました。


210系クラウン前期型はありえなかったが、最新の210系クラウン後期型も引き続きありえないのか?


200系クラウンハイブリッド(GWS204)と210系クラウン後期型を比較して、アリかナシか検討してみましょう。200系クラウンハイブリッドは、200系クラウンの中でアスリート、ロイヤルの上に位置づけられていました。

そのため、比較対象としては210系クラウンアスリートハイブリッド最上グレートのGと比較します。


スペック比較


2016年8月版アスリートハイブリッドG200系ハイブリッド Gパッケージ
価格
5,848,200円

6,200,000円
車両重量
1680kg

1840kg
寸法
4895×1800×1450mm

4870×1795×1470mm
エンジン
直列4気筒DOHC+モーター

V型6気筒DOHC+モーター
排気量
2493cc

3456cc
最高出力
131kW(178ps)/6000rpm

218kW(296ps)/6400rpm
最大トルク
221N・m(22.5kg・m)/4200~4800rpm

368N・m(37.5kg・m)/4800rpm
モーター最高出力
105kW(143ps)

147kW(200ps)
モーター最大トルク
300N・m(30.6kg・m)

275N・m(28.0kg・m)
ガソリン
レギュラー

ハイオク
燃費
23.2Km/

15.8km


210系後期クラウンの良い点


  1. ・プリクラッシュセーフシステムなど各種安全装備が標準でついているので、車の保険料が安くなるし、何よりも安全である。
  2. ・好き嫌いの好みがあるが、エクステリアは意外と好みである。
  3. ・パノラミックビューモニターで車を俯瞰しているようにカメラで確認できるのがいい。過信はできないが巻き込みで人を引いてしまう危険が少ない。
  4. ・ブラインドスポットモニターで隣の車線に車がいるかわかる。車線変更が安全にできる。
  5. ・オートマッチクハイビームで常にハイビームを維持できるので、安全に夜間走行できる。
  6. ・160Kgも軽くなっているので、燃費に一役買っているし、加速時の重さ改善にも大変効果的である。
※間違いがありましたらご指摘お願いします(・_・;)


210系後期クラウンのダメな点


  1. ・V4 2.5Lのダウンサイジングエンジンなので、圧倒的な加速がなくなったことに物足りなさがかなり残る。4600cc相当のGS460hや200系クラウンハイブリッドから乗り換えると加速不足に驚愕する。加速加速というと危険かと思われるかと思いますが、加速が良いことは逆に安全な場面が結構あります。高速の合流などですが、数秒の加速で80Km/hに達するので、一瞬で左車線の車より速くなり、ぶつかることなく合流できます。
  2. ・VGRSが3.5Lアスリートにしかついていない。VDIMは全車標準という記載があるがまだ理解できていない。VDIMだけでなく、もろもろ統合された上で恐ろしく安定した走行が可能になる代物だと考えるので、統合されたVGRSが標準でついてないのはかなり残念(´;ω;`)。これのおかげで、路面が悪いところを多少ワイルドに走ってもすんなりプロドライバーのような腕前でクリアできてしまうのがすごい。
  3. ・インテリジェンスAFSが抹殺されている。暗い山道や街乗りでも細い道は暗いので曲道はヘッドライトがハンドルに連動するこれは大変重宝します。これがないというのはかなりつらい( ノД`)
  4. ・イージークローザーが3.5以外はラゲージしかついてない。これもすごく重要な装備で、「高級車だなー」と感じさせてくれるものです。半ドアになったので閉めなおすというのは結構な手間です。
  5. ・リアセンターコンソールにコントロールスイッチがない。これもあると結構便利で、後部座席からオーディオの操作やサンシェードを閉めることができるのですが、ないとそれなりに不便ですね。
  6. ・ヘルプネットがない。これはエアバックが開くような事故の時に自動で緊急通報してくれるものです。万が一の時には緊急電話はできないことが多いです。さらにボタン一つで緊急通報されるので、万が一の時に助かると思います。レクサスには残っているので、これがなくなったということはもはや高級車ではなくなったという証です。
  7. ・リアリクライニングがない。後部座席って実は倒れるんです。200系クラウンハイブリッドだと15度リクライニングできるのですが、これがあると疲れ方がだいぶ違います。
※間違いがありましたらご指摘お願いします(・_・;)


現状維持で残ってよかったと思う装備


  1. ・NAVI・AI-AVSが生き残っている。前期型で抹消されたと聞いていたのですが、最新のカタログには載っていました。ナビと連動してその場所が走行するうえで安定しない場合は、ショックを軽減など自動で調整してくれる機能です。これぞ高級車という機能です、日本の技術力の高さはすごいですね。
  2. ・ヒルスタートアシストついてるようです。しかも全グレード標準装備。これはレクサスHSでもIパッケージ以上ぐらいでないとつかなかったはずなので、標準装備はありがたいですね。坂道で止まって、ブレーキを放しても数秒停止します。後ろに下がることを一切に気にしなくていいのでとても便利です。
  3. ・バック連動ミラー。これは地味に便利な機能で、ギアをバックにすると自動でミラーが下がります。これで駐車場の左右の白線を認識できるのでバック駐車が一発で決まります。
  4. ・パワーイージアクセスシステムも標準です。これは乗り込んでシートベルトをはめると、セットしてあるハンドルが飛び出してきて、シート位置、ミラー位置をに自動でセットしてくれます。降りるときはシートベルトを外すと、シートが自動で後ろに下がり降りやすくなります。おもてなし満載ですね。
  5. ・自動明眸。地味に便利、まぶしくない。
  6. ・サンシェード、なんと標準らしいです。夏の暑いときに便利です。窓と一体なのでデザインがダサくありません。必要な時にシャッと出せるのでスマート。
※間違いがありましたらご指摘お願いします(・_・;)


210系後期クラウンハイブリッドは買いか


210系後期クラウンですが、安全性など結構高まって装備もそれほど悪くはない印象です。結構善戦しているような印象を受けます。

ただ、エンジンをダウンサイジングした部分はかなり大きなマイナスです。街乗りでは大排気量は燃費への負担も大きく足枷となっていることは事実です。

街乗りしかしないアバンギャルドな人にはお勧めできるものだと思いますが、加速性能が低下したことにより、高速にのったりバイパスに乗ったりする人にはお勧めできません。そこしストレスを感じるかもしれません。

そして、何より高級車としての地味な装備が削られている印象が否めません。

廉価版のクラウン(2.5ロイヤル、税込み3,812,400円)により、カムリやマークXからの流入も期待しているのかもしれませんが、既存のオーナーには不満な点が多いのではないでしょうか。

中途半端な210系クラウンにお金を出すぐらいなら、クラウンマジェスタあたりが候補になってくるかと思います。

しかし、廉価版クラウンと見た目はほとんど一緒というのが問題かもしれません。今までのマジェスタはアスリート・ロイヤルとはデザインとエンジンで一線を画していましたが、210系からは一線が薄くなって消えそうです。

おそらく、見えを張りたい人が多いクラウンオーナーの方々にとって、廉価版と同じ見た目というのは耐えがたい可能性があります。

そうなると、クラウンブランドから逃げていくのは必然なのではないでしょうか。


ブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ